FC2ブログ

カテゴリー



Ads by Google


リンク


『ブラックリスト』

私は、まだ一度もキャッシングを利用したことがない。
ローンの返済を延滞したこともない。
だから取り立てにあったことがない。

そんな私にとって、この本の内容は、まるで別世界の出来事だ。
そう言える自分の幸せなこと。

この本の著者は「取り立て屋」
それもキャリア10年というベテラン。

一番興味深かったのが、その調査方法。
行方をくらませた債務者を探し出すその方法だ。

戸籍をたどる。
張り込む。
確認する。

参考になる(何の?)

実は数年前、うちの向かいの家の住人がいつの間にか消え、
その人たちのことを聞きに、うちのインターホンが頻繁に押された。

対面してちゃんと名乗る銀行マンもいたが、
多くはインターホン越しの対応で、名乗りもしなかった。

そして、見慣れぬ車が少し離れた場所に何時間も止まっていた。

わあ、この本に書いてあることとそっくりじゃないの。
やっぱりそうだったんだ。

まあ、おそらく向かいの人は住宅ローンの返済が滞ったのだろうが、
基本的には同じよね。

それにしても、この著者はこの仕事を天職だといっているが、
ほかの仕事に就いても成功しそうだ。
交渉力はあるし、相手の心理を読む力にも長けている。


この本はケータイ小説を書籍化したものなのだが、
つれづれなるままに書いたのか、
構想を練ってから書いたのか、
または、書籍化するときに手をいれたか、
きちんと書籍の体をなしている。

ケータイ小説なんてたいしたものではないという
私の偏見を一蹴する本でした。

『AQUTNETリサーチ「本読みブロガー」提供書籍』




スポンサーサイト




 | ホーム |